TOP

最新のお知らせ


2024年5月30日 : 本日の職場の教養

皆さん、おはようございます!(^^)!
今日も朝はちょっと寒かったけど、日中はいい天気になりそうです(^^♪

今日の職場に教養です。

5/30(木) タイトル  手紙
現代はコミュニケーションツールが多様になっています。その多くは手軽で瞬時にメッセージのやりとりができます。
Aさんは今年の春、今の会社に入社しました。お客様への訪問後、指導担当の先輩からお礼状を手紙で書くように指示を受けました。学生時代はメールやSNSでのやりとりが主だったAさんは今回のお客様へのお礼もメールでしようと考えていましたが、先輩の指示通りに、感謝の気持ちを手紙に認めました。数日後、お客様から返事が届きました。そこには訪問のお礼に加えて、Aさんが手紙を送ってくれたことへの感謝がつづられており、その優しい筆致を見ていると、訪問した際に接したお客様の笑顔を思い出したのです。時代を遡ると、配達に時間を要するのはもちろん、紙を入手するのも難しい時代もあり、便りは相手を思い浮かべながら認めていたことでしょう。あらゆるシーンで心を込めたコミュニケーションを意識したいものです。

今日の心がけ : 「思いを形にしましょう」

                    ~私の感想~
なかなか手紙を書くという習慣がなく、メール等を活用してコミュニケーションを図る事が主となっているのは自分もその通りです。ただ、この会社に入社してから、手書きで書く事の良さを教えられて以来、会社の年賀状とプライベートの年賀状の宛名は手書きで書くことを継続しています。裏面にも、印刷されたものだけではなく、必ず一言を添えるようにしています。「字はその人の性格が表れる」とも言いますが、私は字の上手い下手よりも、まずは時間割いて、手書きで書いてくれた事に感謝したいと思います。
2024年5月29日 : 本日の職場の教養

皆さん、おはようございます!(^^)!
今日は肌寒いですが、今からは晴れてくる予報です。まだ少し寒暖の差があるので体調管理には十分に気をつけてお過ごし下さい(^^♪

本日の職場の教養です。

5/29(水) タイトル  「親切」の意味
Kさんは、電車内で高齢者に席を譲る、道に迷って困っている人に声をかけて道順を教える、といった小さな親切を心がけています。そんなKさんはある時、親切という言葉はどうして「親を切る」と書くのか疑問に思いました。
そこで、思いやりをもって人に尽くす行動に対して、なぜこの漢字を使うのか調べてみると、意外な意味があると知ったのです。「切」は、「切断する」という意味だけではなく、「心から」「ひたすら」の意味があり、「切に望む」といった使い方をします。また、刃物をあてる様子から「身近」「行き届く」などの意味もあります。
このことから、親切とは親しみを持って、相手を心から思いやり、心配りが行き届くようにすることだと言えそうです。Kさんは、人に親切にする際は、今以上に心を込めて相手の為に尽くそうと思うようになりました。日常的に使っている言葉も、よくよく調べてみると、新しい発見や気づきを得ることがあるものです。

今日の心がけ :  「言葉の意味を調べてみましょう」

                     ~私の感想~
改めて日本語というのは難しいなあと思いました。「親切」という言葉だけに限らず、普段何気なく使っている言葉でも、意味を知らずに使っていたり、間違った使い方をしていたり、省略して使ったりしている事が多くあります。
常に言葉の意味を調べながら生活する事はなかなか難しい事だと思いますが、疑問に思った時や気になった時ぐらいは調べる習慣を身につけて、日本語や言葉への理解を深めるのもいいかも知れません。
2024年5月28日 : 本日の職場の教養

皆さん、おはようございます(^^)/
今日は、久しぶりの雨模様ですね!ここ最近は天気のいい日が続いていたので農作物にとっては恵の雨となるかもしれませんね(^^♪

5/28(火) タイトル  体型維持の秘訣

Nさんは年齢を重ねるにつれ、お腹周りが気になってきました。一方で同年代の同僚の一人は体型が入社時と変わらずスリムなままです。体型維持の秘訣が気になったNさんは、その同僚に尋ねてみました。すると、日々意識して行っていることを教えてくれたのです。それは生活の中で無理のない運動を取り入れることでした。会社ではエレベーターの使用頻度を減らして、階段を使うようにしており、加えて毎晩十分の筋力トレーニングとストレッチは欠かさないと言います。同僚は毎日の運動が習慣化すると、食事にも気を配るようになって間食が減り、節約にもつながっているとも言います。また、体重の変化や家計簿を記録し、継続のモチベーションにしているそうです。
この話を聞き、<小さな行動でも、毎日コツコツ続けることが大事だ>と再認識したNさんは、その日から軽い運動を始めました。数カ月後の現在、ベルトの穴を一つ内側に締められるようになったNさんです。

今日の心がけ : 「小さな行動を続けましょう」

                    ~私の感想~
何かを始めようと思って、始めたものの長続きせずすぐに辞めてしまうという事が多くあると思います。個人的に思う長続きしない理由は①無計画に物事を始める。②始めようとしている事が好きではない。この2つだと思っています。人って本当に好きな事は、多少自分の時間や疲労を犠牲にしてでもやろうとする傾向にあるのではないかと思います。何かを続けてみようと思った時は、本当にそれが自分の好きな事かどうか?やってみないとわからないという事もあると思いますが、やり始めたら好きになれそうかどうか?という事を考えてみてもいいかもしれません。
2024年5月27日 : 本日の職場の教養

皆さん、おはようございます(^^)/
本日の職場の教養です。

5/27(月) タイトル 「自分らしく生きる」
誰しもが人生を、<自分らしく生きたい>と思うのではないでしょうか。「自分らしさ」を発揮するには、自分自身を知ることが大切です。まず自分の個性や価値観、長所、短所を把握することから始めましょう。そして、こうした自分の存在をありのままに承認しましょう。これは長所だけでなく、自分の短所や弱さもすべて受け入れる「自己受容」の精神です。自己受容は自己肯定感を高めることに通じています。自己を肯定できるようになると、他者や起こった出来事も前向きに受け止められるようになり、時には困難な状況を乗り越える力にもなり得ます。逆に「〇〇氏と知り合いだから、私はすごい」「高価な服を着ているから私はすごい」といった、自分以外のものに依存した価値でしか自分を認められないならば、それらを失うと自己否定に陥る恐れがあります。ありのままの自分を認めて前向きに生きる姿勢は、より良い人間関係を構築させ、周囲にも好影響をもたらすはずです。

今日の心がけ : 「自己受容に努めましょう」

                     ~私の感想~
人ってどうしても、良いことはすぐに受け入れられるけど、良くない事や自分の不利益になることっていうのはどうしても受け入れられない傾向にあるのではないかと思っています。「他人から褒められれば嬉しいし、この人はいい人」逆に「怒られれば、頭にくるし、この人は嫌だ」という思いが強く出てしまうのが人間なのかなと...
でも、これも全て自分勝手な判断で、実は、褒めてくれるひとより、叱ってくれる人の方が自分にとって大切な存在だったりもします。だからこそ、叱ってくれる人の言葉を前向きにとらえる事が必要なんだと思います。
私もこの会社にきて「ポジティブ思考」を学びました。自己受容って本当に難しい事だと思いますが、少しづつ自分自身を弱い部分を受け入れていけるような人間になりたいと思います。

2024年5月24日 : 本日に職場の教養

皆さん、おはようございます!(^^)!
今日の職場に教養です。目を通して頂ければ幸いです(^^♪

5/24(金) タイトル  見えない相手
仕事を進めていく上では、お互いの考えを伝え、理解し合う話し合いや会議、また、主に一対一で話し合う「対話」といった場面があります。対話とは互いが直接向かい合って話をするという意味がありますが、仕事においては対面状態で意思の疎通を図る事ができない場合もあります。例えば、電話ではお互いの姿が見えません。言葉という音声情報だけを頼りに、相手の言わんとするところを理解しつつ言葉を交わし合っていきます。また、顔も見えず、声も聞こえず、文字だけでやり取りをするメールに至っては電話以上に正確な理解力と文章表現が求められます。
電話やメールを用いて、対話と変わらぬコミュニケーションを図るには、①相手のおかれた状況を慮ること、②正確な言葉・文字を用いること、③適切な質問をはさみながら意味を確認し正確な理解に努めること等が挙げられるでしょう。顔が見えないからこそ、相手のことを精一杯イメージして、伝えたいことを明瞭に、かつ簡潔に伝え合って、誤解のないよう仕事を進めていきたいものです。

今日の心がけ: 「意思疎通を図りましょう」

                    ~私の感想~
私自身、常々思う事ですが、会話にしろ電話にしろメールにしろ全てにおいて必ず「相手」というものが存在する訳で、これによるコミュニケーションは全ては「聞き手」次第なのではないかと思います。話し手にしてみれば「そういうつもりで言ったわけではない」と思っても、聞き手がそのように解釈してしまえば、事態はそのようになってしまう。だからこそ、話し手は言葉を選んで上手に伝える事が必要なのではないかと思います。ここに本当に日本語の難しさを日々感じています。話す側も聞く側も互いに相手の気持ちを察し、自分の感情だけに流される事なく、何を伝えたいのか?何を言わんとしているのか?しっかりと理解する努力を双方がしてこそ、円滑なコミュニケーションが図られより良い人間関係が形成させるのではないかと思いました。

ごあいさつ

私たちにお任せくだされば、みなさまの笑顔のために、どんなことでも対応させていただきます。

平成28年1月より共生型福祉施設もオープンいたしました。
子供達との関わりができる楽しく明るいデイサービスにぜひ、あそびに来ませんか?



代表 加藤 義一 Kato Yoshikazu
1968年6月18日 大崎市岩出山生まれ
妻(緑のそよ風総務部長)長男(大学生)次男(高校生)4人家族
趣味 / ものづくり(何でも作れます。凝り性です。)
スポーツ / 剣道2段(次男は3段)スノーボード、少しゴルフ
所属団体 / 宮城県倫理法人会、古川ロータリークラブ、大崎法人会、古川商工会議所他

事業案内







アクセス

Googleマップ


お問合せはこちら
0229-25-8574
営業時間/9:00~18:00 定休日/不定休